平成25年4月より医療・介護の同時法改定に伴い介護職員の資格制度が見直されます

平成25年4月より医療・介護の同時法改定に伴い介護職員の資格制度が見直されます。

 

平成24年4月の医療・介護の同時改定に伴い介護職員の資格制度が見直されます。

特に近年の介護ニーズの多様化、高度化に対応するため、質の高いサービスを安定的に提供することが目的です。

 

ホームヘルパーの研修は主に在宅サービスを念頭においた内容となっていますが今回の改定ではキャリアパスを導入し、資格を習得することで段階的に知識や技術の習得ができるシステムをもうけ、生涯働き続けたいと思えるよう整備されることになりました。

 

お馴染みであったホームヘルパー2級の資格が平成25年4月以降は「初任者研修」という名称に改められ内容も他の研修と連動するように見直されています。

 

改定後の「初任者研修」ではこれまでの30時間実習が廃止となり、介護技術演習42時間を75時間に拡充され、演習が更に重要視されます。

また演習前には筆記試験、講師の評価確認、全科目終了後に修得状況を評価する筆記試験などが導入されます。

 

是非この機会にホームヘルパー2級の資格取得にチャレンジされることをお勧めいたします。

お知らせ 一覧へ